<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ナミヤ雑貨店の奇蹟

久々の読書感想です。
読書は月に3〜4冊は読んでいますが、じゃまくさくて更新せずにいました。

ナミヤ雑貨店の奇蹟については無性に更新したくなりました。

ナミヤ雑貨店によせられた悩み相談を中心に様々な複数の登場人物の人生が描かれます。

悩み相談とその後の人生〜、そしてナミヤ雑貨店で起きる不可思議現象〜、こういう作品がわりと好きなんです。

ナミヤ雑貨店に悩み相談したくなりました。
東野 圭吾
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,680
(2012-03-28)

nobi * 読書 * 21:14 * comments(1) * trackbacks(1)

ペンギン・ハイウェイ

森見 登美彦
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,680
(2010-05-29)

 ここ数日間は主にこの本を中心に生活しておりました〜。
なかなか本を集中して読むモードになれず、図書館の返却期限ギリギリまで読むのに時間がかかってしまいました。

ペンギン・ハイウェイ。なかなか不思議な小説でしたが、読み進めていくごとに引き込まれていきました〜。
主人公の男の子アオヤマ君のキャラクターもいいですね〜。
この理屈っぽい感じは・・・、森見さんの小説に出てくる主人公たちと共通のものなのでしょうか(笑)

しかし、これが小学生の男の子だと、なんともかわいらしく感じますね〜。
アオヤマ君がこの先大成していくのか、理屈っぽいだけのへたれ野郎になってしまうのか想像してみるのも楽しそうです。

四畳半神話体系のテレビアニメにどハマりして森見さんの小説を読むようになりましたが・・・、

テレビアニメ「四畳半神話体系」これはおすすめです!!最終回を見終わった後にもう一回最初から見返したくなります!

さて、ペンギン・ハイウェイは「四畳半神話体系」や有名な「夜は短し歩けよ乙女」とはテイストは違いますが、小学生を主人公にこれだけ摩訶不思議な小説を書けるのかと脱帽です。
後半の展開は、ジブリアニメを見てるかのような盛り上がりで興奮して一気に読むことが出来ました。
nobi * 読書 * 00:52 * comments(0) * trackbacks(0)

Nのために

 この間までは、「謎解きはディナーのあとで」を読んでましたが、いまは、湊かなえさんの「Nのために」を読んでます。
あ〜、なんでこんな時期に予約の順番回ってくるかなぁ。とにかくもうすぐ試験やのに返却期限が近いから、とっとと読み終えて勉強に集中しようという考えです。しかし「Nのために」面白い〜。
二日間でもう3分の2読みすすめた〜。
登場人物のほとんどが名前にNが入っているとは、なかなかおもしろい趣向やな〜。

しかし、その分またラジオが溜まったぁぁぁ!!!!!
先週のお楽しみアワー聴けてないから、今日の放送を聴くのは断念しました。
睡眠けずるしかないかっ。
nobi * 読書 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0)

恥知らずのパープルヘイズ −ジョジョの奇妙な冒険より−

ジョジョ第5部のノベライズ『恥知らずのパープルヘイズ』読みきりました。
第5部の細かいストーリーはもうけっこう忘れてしまってるんですが、フーゴ目線の回想とかもあり、思い出せるようになっていて読みやすかったです。

ストーリーに戦闘シーンもオリジナルのジョジョっぽくて、原作ファンの方も納得の内容だったのではないでしょうか。
展開の裏切りに、スタンド能力の面白さ、そして絶体絶命からの逆転劇〜。
ジョジョっぽい。

あと、第5部のラストは主人公ジョルノ・ジョバァーナが、マフィアのボスとして君臨しているかのような描写で完結に至りますが、あの場面はけっこう唐突でどうやってボスになったのか明かされておらず、気になっていたのですが、そこも序盤で補完されており、引っかかっていた部分が解消されたのもよかったです。

原作を読み返したり、PS2のゲームをまたやりたくなってきました♪
nobi * 読書 * 23:54 * comments(0) * trackbacks(0)

読書 〜麒麟の翼〜

今日は、 東野圭吾さんの「麒麟の翼」を読破しました〜。
ここ数日の睡眠を削りつつ、なんとか一週間程度で読みきりました。
読書だけに専念すれば、もっと早く読めるんでしょうけど。
録音したラジオがたまっているので、ラジオを聴きながらという荒技を駆使しつつでなんとか読めました。
音楽系の番組ならなんとかなりますが、お笑い芸人の番組はトークに集中してしまって、なかなか進みません。
そんなことは、どうでもいいです。

「麒麟の翼」は、もうすぐ映画が公開しますが小説を読んでホームページの予告編を観たら、めちゃめちゃ観たくなりました!

TVドラマの『新参者』も、毎週観てましたしね。キャストも豪華です。
しかし、こんなにも豪華キャストだったとは・・・、物語自体はそんなに派手な感じではないんですが、これだけ豪華だと派手そうな映画に見えますね〜。


ドラマといえば、「家政婦のミタ」ブームに完全に乗り後れたなぁ。
残り2話で今から見るという気にもなれず。
テレビ画面も今ちゃんの「実は・・・」を見るためそっちにチャンネルを合わせてます。
今期はドラマ自体、全然見なかったし。唯一見てるのは、洋画の「ドクターハウス」シーズン2これだけは、ハウス医師のキャラクターが好きなんで。それくらいっすね。

ドラマというか、特撮ですが、海賊戦隊ゴーカイジャーと仮面ライダーフォーゼは観てます。。。

ドラマを観るのがめんどくさくなって、おっさん化してきてるのかと思えば・・・、
急に特撮に目覚めたり。我ながら変なやつですね。

また、家政婦のミタの再放送が始まったら新兵器ブルーレイレコーダーのハードディスクに録り溜めして一気に見ようと思います。



nobi * 読書 * 23:28 * comments(0) * trackbacks(0)

プラチナデータ

 先週から読み始めていた、東野圭吾さんの『プラチナデータ』読み終えました。
後半から続きが気になって、昨日一気に読み切ってしました!

完璧な事件捜査であるDNA検索システムを巡る事件と謎の物語です。
DNAには、その人物のすべての情報が詰まっているから、国民の膨大なDNAデータを収集管理し事件解決に応用するという設定が登場しますが、それを読み手に納得させる描写の説得力があってすごいです。一つずつ、丁寧に描写していくんですからね〜。パラドックス13でもそうでしたが、こういうのに関心します。

プラチナデータの意味も知ってしまえば、至極当然というか確かにこんな状況になったら、存在しそうと思わされました。



nobi * 読書 * 21:45 * comments(0) * trackbacks(0)

虐げられた人々

ドストエフスキーの虐げられた人々を読み始めました。
図書館のリサイクル市で戴いた小説ですが、これは掘り出し物でした。といっても有名な作品かと思いますが、リサイクル市でたくさんあった本の中からこれをうまく見つけられたという意味で。

ドストエフスキーは初めて読むので、難しいかなと不安でしたが、意外と読みやすくてどんどん読みすすめたくなってきました!

このペースだと、一週間以内には読み終えることが出来そうです。


リサイクル市はサイコーだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
nobi * 読書 * 02:09 * comments(0) * trackbacks(0)

ONE PIECE FILM STRONG WORLD EIICHIRO ODA ART BOOKデー

尾田 栄一郎
集英社
---
(2009-12)
コメント:ONE PIECE FILM STRONG WORLD EIICHIRO ODA ART BOOK

 ワンピースフィルム ストロングワールドの設定画集です。

買うつもりはなかったんですが、映画を見てつい買ってしまいました。

眺めているその瞬間だけは、将来の不安も忘れて幸せなひと時がすごせました。
nobi * 読書 * 02:41 * comments(0) * trackbacks(0)

モダンタイムス

伊坂幸太郎さんの「モダンタイムス」を読みました。

少し前に書店で見かけましたが、この作品は本屋大賞の候補にノミネートされてますね。
もし受賞すれば、伊坂幸太郎さんの作品が「ゴールデンスランバー」に続いて2年連続で獲得することになりますが、毎年のようにノミネートされているだけでもすごいです。

作品自体、ゴールデンスランバーもむちゃくちゃ面白かったんですが、読んでいる時のワクワク度で云えば、こちらも負けてませんでした。

また、青年漫画誌の「モーニング」で連載されていたという小説としては珍しい作品なのですが、あとがきに連載中は編集者とその都度、打ち合せをしながらのスタイルだったと書いてあり、それを読んで、なるほど確かに週刊連載された漫画を文章で読んだというような感覚でありました。

それは、よく言えばというのが人によっては付くかも知れませんが、僕はそう考えれることで、いろいろなことに合点がいきました。
そういう作品ならこういうのもありだなと。

あれどうなったん、あれなんやったん、みたいなこともままありましたが、その部分を読んでる時も面白かったし、まあいいやという気になりました。

伊坂幸太郎さんの以前の作品「魔王」の続編にあたるで、こちらも合わせて読むとより世界観も含めて楽しめるかと思います。
モダンタイムス (Morning NOVELS)
モダンタイムス (Morning NOVELS)
伊坂 幸太郎
nobi * 読書 * 01:40 * comments(0) * trackbacks(0)

聖家族

200902090011000.jpg
200902090011000.jpg
古川日出男さんの『聖家族』です。
とにかく分厚いです。もはや国語辞典です。
古川日出男さんの小説は毎回読むのに苦労するのですが、なぜかまた読みたくなります。しかし今回のはページ数が半端ないです。
図書館で受け取る時に唖然としました。
まだ130ページしか読み終えていません。あと約600ページあります。
頑張って読みます。
nobi * 読書 * 00:21 * comments(0) * trackbacks(0)
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ



このページの先頭へ