<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

【漫画】週刊少年ジャンプ No.21 2008

今週号の週刊少年ジャンプを読んでの感想です。

表紙『HUNTER×HUNTER』王、ネテロ会長、ゴンの3人のイラスト

巻頭カラー『D.Gray-man』第156夜
150回突破&ファンブック発売記念巻頭カラー。
第3回人気投票募集とのことです。

〜あらすじ〜
本部に進入したアクマの内一体がレベル4に進化してしまう。そのレベル4を前回ボロボロのアレンとイノセンスを体内に取り込んだリナリー、クロス元帥らの手によってようやく破壊することができた。
レベル4の「いい気にならないでください、ぼく程度を倒したくらいで」という捨てゼリフが不気味に響く。クロス元帥が最後のトドメを刺し。生き残った人々の救助活動が始まりようやく平穏を取り戻し始めたが…。そして、アレンは下の階で動けずに居た中、助けを呼びに行ったリナリーに、アレンの居場所を聞いた人物がアレンの目の前に現われた。

印象に残った場面は。
コムイ達、生き残った科学班の面々がスカルにされたタップの元へ集まり。抱きかかえたりする中、その場面を遠くから見ていた神田は、その場から立ち去ってしまいました。
おそらくこの窮地の中、戦うことが出来なかった自分への怒りもあって、場に居られなくなったんでしょう。ここは神田らしい場面でした。
やはり、スカルになった者は、もう助からないようで、次々に砂になってしまいました。そして、やがて科学班の仲間に囲まれるタップも同じように…。
その際、急用で部下に呼ばれるコムイが去り際に一礼。上に立つものの責任感を感じさせます。
D.Gray-manはこういった哀しげな展開が多いですね。


では、その他のマンガのざっくりした感想。
『BLEACH』-105.
マユリの前で技術開発局の設立を宣言する浦原さん。釈放し力を貸してもらう代わりに副局長の座を与えるとのこと。浦原さんが、くろつちマユリを12番態に引き込んだんですね。そして、朽木白夜や市丸ギンも登場。夜一さんと白夜の絡みが新鮮!

『ONE PIECE』第497話
シャボンディ諸島にやって来て観光気分のルフィたち。天竜人の奴隷が脱走する場面を目撃。ONE PIECEで時折、顔を出す悪意。その根源となっているのがこの天竜人なのでしょうか。

『アイシールド21』278th down
セナとモン太が大ゲンカ。このままバラバラになってしまうのか。ケンカしている場合じゃないって。

『PSYREN-サイレン-』CALL.19
ここの所、話も広がってきて面白くなってきました。朝河の後輩タツオらしき男の精神に桜子がダイブを試みました。そして、その真相を知り涙。強くてカワイくて、クールビューティーかと思えば、心もやさしい女の子。珍しいタイプのヒロインに、最近、惹かれるています。

『HUNTER×HUNTER』No.278
ユピーがここに来て新たな能力を開眼。それも冷静さと情熱を手に入れるとは一筋縄では行きません。そして、ゾルディック家はやっぱ最強!?たまに出てきては強さをアピールして帰っていきます。

その他では、やっぱりWJ創刊40周年企画が気になります。
その一環のマンガ脳の鍛えかた。では次号岸本斉史先生が登場!
他にも、ジャンプスーパーアニメツアーでは、
ドラゴンボール、ONE PIECEの新作アニメーション制作決定!!
公式サイトもオープン。
キャプテン翼やキン肉マンの読切掲載も決定!
なにやら、
ジャンプコラボレーションプロジェクトなるものも発動するそう。
楽しみです。


関連ニュース
【ドラマの女王】佐藤隆太が熱く叫ぶ!「ROOKIES(ルーキーズ)
週刊少年ジャンプ:キン肉マン、キャプテン翼が“復活” 創刊40周年企画続々(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)
バンダイ、人気アニメ「ワンピース」のデータカードゲームを5月下旬に展開

関連記事 2008.04.14 週刊少年ジャンプ No.20 2008
関連記事 2008.04.07 週刊少年ジャンプ No.19 2008

関連記事 2008.03.31 週刊少年ジャンプ No.18 2008



JUGEMテーマ:漫画/アニメ
nobi * 週刊少年ジャンプ * 05:54 * comments(0) * trackbacks(1)

週刊少年ジャンプ No.20 2008

今週号の週刊少年ジャンプを読んでのざっくりした感想です。

「アイシールド21」少年漫画の王道!ライバルが一同集結です。
「NARUTO」イタチの真実は、次号にうーむ引っ張りますなぁ。
「BLEACH」今度は110年前のあの人が登場ですか、浦原喜助との関係とは。
「PSYREN-サイレン-」桜子かっちょいい!
「エム×ゼロ」今回はいつもと、毛色が違う感じで、エロエロのバカバカしさ全開の話。昨今のジャンプは、乳がやけにプルンプルンするシーンが多いですなー。To LOVEるでもそうだし。
「HUNTER×HUNTER」ナックルは、どうでるのか、そして、キルアは!?早く続きが知りたいです。
その他では、ヤングジャンプの告知記事では、元ジャンプの連載作家の東直輝先生が作画担当で連載を開始されるみたい。「外天の夏」か、今度こそ、大成してほしいです。
あと「ROOKIES」のドラマが土8とは…、(海外ドラマ以外の)ドラマを録画して見るという習慣がないので、どうしたもんか。
また、銀魂のノベライズの銀魂先生の第3弾の発売が決定されたそうです。
このノベライズを書いているのが、吉本新喜劇の作家さんだとは、最近知って驚きました。
大崎知仁さんといってよく、小籔さんの新喜劇で、小籔さんと脚本を書いている作家さんなんですが、同姓同名なのかなと思っていたら。まさか同一人物だったとは。そういうわけで、このノベライズに興味津々です。

関連記事 2008.04.14 週刊少年ジャンプ No.20 2008
関連記事 2008.04.07 週刊少年ジャンプ No.19 2008
関連記事 2008.03.31 週刊少年ジャンプ No.18 2008

「吉本新喜劇オフィシャルサイト」
http://www.yoshimoto.co.jp/shinkigeki/
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
nobi * 週刊少年ジャンプ * 00:48 * comments(0) * trackbacks(0)

週刊少年ジャンプ No.19 2008

今週号の週刊少年ジャンプを読んでのざっくりした感想です。
BLEACH。先週から始まった110年前の尸魂界(ソウルソサエティ)編が、これからどうなるのか注目です。仮面の軍勢(ヴァイザード)の面々は、やはり元死神だったんですね。そうじゃなかったら物語的におかしな展開ではありますが。
NARUTO。うちはイタチと、うちはマダラの関係が次号ついに明らかになるのでしょうか。気になります。
アイシールド21。予告のところに、さらなる帝国学園の秘密が巻頭カラーで明かされる!とありますが、そんな大そうな秘密なんて、あるんかいな。
D.Gray-man。ようやくレベル4を破壊、アレンのレベルアップが敵の強さになかなか追いつかない。クロス元帥が結局いいとこ持っていってしまった。
HUNTER×HUNTER。メレオロンがゴンとキルアの所へ。これでどう話が動くのか気になるところ。しかし、どう考えても残り4週では終わりそうにない!!
初恋限定。委員長の巨乳押しですね。
サムライうさぎ。千代吉が、戦闘で有効な技なのかどうか分からない、どえらい技を繰り出しました。あと、連載1周年のセンターカラー&人気投票募集です。


その他で気になったのは、PAINT JUMP(ペイントジャンプ)の告知記事。
ようするに超贅沢なぬり絵ってことらしい。いろいろ考えますね。

あとは、BLEACHのアニメ情報。オリジナルストーリー突入らしい。
さらに、今日、4/7から再放送スタート。
それと、オリジナルストーリーの「新隊長天貝繍助篇」番宣用のポスターを100名にプレゼントだそうです。

PAINT JUMP Art of NARUTO-ナルト
PAINT JUMP Art of NARUTO-ナルト
岸本 斉史

PAINT JUMP Art of BLEACH
PAINT JUMP Art of BLEACH
久保 帯人


関連記事 2008.04.14 週刊少年ジャンプ No.20 2008
関連記事 2008.04.07 週刊少年ジャンプ No.19 2008
関連記事 2008.03.31 週刊少年ジャンプ No.18 2008
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

nobi * 週刊少年ジャンプ * 23:26 * comments(0) * trackbacks(0)

週刊少年ジャンプ No.18 2008

今日発売の少年ジャンプを読んでのザックリした感想です。
魔人探偵脳噛ネウロ、パターンはわかってるんですけど、新しい血族のテラに対してのあの仕打ち!やっぱあのドSがぶりがサイコーに面白いです。

SKET DANCEも最近いい感じ。HUNTER×HUNTERは、ゴンがこんなにも取り乱した反応を見せるのは、初めてなのでちょっと衝撃を受けました。これからどうなるのかまったく読めません!ピューと吹く!ジャガーのしげみちの野郎は、なかなかうっとおしくて味が出てます。ONE PIECEは尾田先生のバカバカしいセンス大好きなのですが、デュバル様の正体は引っ張られすぎてちょっと肩透かしでした。もっとサクっと正体を現してくれたら笑えたのに。

あと、記事として気になったのは、第3回の「マンガ脳の鍛えかた」脳噛ネウロの松井優征先生のインタビュー。コーラの瓶に使い終わったペン先を入れているって、ネウロみたいなマンガを描いている先生がそういったことをやっているのは、なんか以外でした。あと絵に関する能力的なハンデを、あきらめずに独自性で補ったところは、何事にをいても見習いたいところです。でもそれが、ある意味では一番難しいことなんですよね。。本編での敵役のシックスについては、過去話や同情されるエピソードは一切なし、とことん嫌われる役を目指しているという部分は、なかなか感心させられました。

関連記事 2008.04.14 週刊少年ジャンプ No.20 2008
関連記事 2008.04.07 週刊少年ジャンプ No.19 2008
関連記事 2008.03.31 週刊少年ジャンプ No.18 2008

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


nobi * 週刊少年ジャンプ * 22:28 * comments(0) * trackbacks(0)
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ



このページの先頭へ